犬 しつけを殺したのはダレ
犬 しつけを殺したのはダレ
ホーム > 美容 > 肌のシミのもととなるメラニン色素

肌のシミのもととなるメラニン色素

30歳代、40歳代で、シミのお悩みを抱えている女性は多いと思います。

30歳を過ぎた頃から、ある日、突然とあらわれるシミですが、肌内部で、このシミがどのようにして作られるかというメカニズムをご存じでしょうか。

シミができる大きな原因は、紫外線です。

一口にシミと言っても、いろいろなタイプがあります。

その中で、紫外線によって発生するものがいくつかあります。

専門的に言うと、老人性色素班と呼ばれ、太陽の光に含まれる紫外線が大きな原因であることがよくわかります。

そのために、シミは紫外線にさらされる場所によく見られ、衣類で覆われることのない顔、露出しがちな手の甲などが、紫外線を浴びやすい場所となります。

ちなみに、老人性色素班の他に、紫外線の影響のあるシミは、花弁状色素班というタイプです。

このタイプは、海水浴などで急激な日焼けをした時に発生する症状で、肩から背中、胸にかけてできる小さなシミで花びらのような形をしているのが特徴です。

そして、シミの原因となる紫外線ですが、地上に届くのは、波長によってA波とB波があり、A波は肌内部に侵入して真皮にあるコラーゲンを変性、劣化させて、肌のシワやたるみを引き起こして老化を促進させます。

一方のB波は、エネルギーが強く、赤くなってヒリヒリさせるなど、日焼けを起こす要因になります。

また、シミは、このA波とB波の両方が深く関与しています。

肌が紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてエンドセリンという情報伝達物質が分泌され、この物質がシミのもととなるメラニン色素を作るように、表皮の基底層にあるメラノサイトに指示を出します。

このメラニン色素がシミのもととなるわけですが、通常は、肌のターンオーバーとともに排泄されてシミにはなりません。

しかし、年齢を重ねて加齢の影響や体内バランスの変化などで、ターンオーバーが乱れがちになったり、紫外線を浴び続けと、メラニン色素が排泄しきれずに残ってしまい、それがシミとしてあらわれるようになります。

また、シミは、ある日突然とあらわれるので、その前日に多量の紫外線を浴びたから・・・と、思いがちですが、若い頃から少しづつ浴びた紫外線量が蓄積されて、ある一定量のレベルに到達した時に、突然、シミとしてあらわれます。

ですので、日頃から紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

外出時は、日焼け止めをしっかり塗って、日傘を使うようにしましょう。


若い頃は、紫外線を浴びても、その影響は直ぐに出ませんが、30歳代、40歳代になって、その積み重ねがシミとして突然あらわれます。